手作りの魅力

白いバラと指輪

愛し合う男女が結ばれ生活を共にしようと願う、それが結婚、そして約束の証でもあるのが結婚指輪です。
丸い形は永遠の愛情を意味して、身に着けることで常に相手の存在を感じられるようになるのです。
そんな大事な指輪ですが、どういうものを選んだらいいのか悩まれる方は多いと思われます。
デザイン、素材、予算等、さらにはフルオーダーやセミオーダー、もしくは既製品の購入など多様に及ぶのです。
そんな中でお勧めしたいのは手作りはどうかということです。
結婚指輪は常に身に着けていることを考えて、大きなジュエリーは埋め込まず、なるべく邪魔にならないようシンプルなデザインにするので、不器用な人にも比較的作りやすいものとなっています。

世界でたったひとつという意味では、フルオーダーやセミオーダーもそうですが、自分たちで作るというのは共同作業をするということもあり、結婚前に絆が深まり、思い出がひとつ増えてくれます。
最近は手作りの専門業者もありますし、調べれば個人店で作らせてもらえることもあります。
ただ注意したいのは、手作りの場合はプロのオーダーメイドと違って若干の歪みが出る可能性があることです。
さらに想定以上に時間がかかってしまう可能性があるので、式に使うなら間に合うよう、余裕をもって取り掛からなければいけなくなります。
それでも二人での共同作業は幸せなものだと思われます。
有名ブランドのものもいいですが、素朴で互いの愛のこもった指輪をつくってみるのもいいかと思われます。